受賞作品一覧

名前 作品名 展示店
12月~2月
展示店
3月~5月
グランプリ 南舘麻美子 冬の森を運ぶ 久喜 多摩関戸
準グランプリ 山﨑亜記子 Calling You 幕張 多摩関戸
優秀賞(岡村先生) エグチジュンコ 散歩する作曲家 宇都宮鶴田 立川若葉
優秀賞(佐藤先生) 久保田理世 翔ける 奈良古市 立川若葉
優秀賞(土方先生) 木白牧(きしろ まき) 「大地のクジラ」 宇都宮鶴田 片瀬
優秀賞(福田先生) 齋藤 友希 過去に気づく 久喜 片瀬
優秀賞 古石紫織 green note 宇都宮鶴田 東浦和
優秀賞 前川結佳 月光 久喜 ふじみ野
優秀賞 川上茉莉 ごぜんさんじ 名古屋師勝 東浦和
優秀賞 小百合 「光」 幕張 川崎初山
優秀賞 げんばみさき 花瓶と海老とマッチ箱 幕張 幕張
佳作 HIROMI NORO Torre pendente di P 宇都宮鶴田 ふじみ野
佳作 矢島史織 Monster #9 名古屋師勝 習志野台
佳作 髙田裕大 火を囲む 名古屋師勝 習志野台
佳作 竹中翠 願い 幕張 幕張
佳作 齋藤 みどり ないしょの話 奈良古市 幕張
星のこども賞 加島健太 つぼ 奈良古市 練馬中村
星のこども賞 田内利來 つながる街・自然・人 久喜 練馬中村
星のこども賞 柳生千裕 歩く虹 奈良古市 練馬中村
※3ヶ月ごとに展示する店舗が変わります
※展示期間最終月の下旬頃に、次の展示店舗に作品を搬送するために、展示を終了させていただく場合がございます
グランプリ
木版画の凹版摺り
南舘麻美子
「冬の森を運ぶ」
故郷の近所の地名や風景から想像しながら描きました。
準グランプリ
鉛筆、油彩、アクリル、ジェッソ、パネル
山﨑亜記子
「Calling You」
私は記憶、空間、時間、それらの関係性を要素とし、制作を行っています。
家や室内空間は度々描いてきましたが、カフェはほとんど描いたことがありませんでした。そして、とても描きたいと思いました。
カフェで何かをおもうことについて。その何かは記憶、一瞬の白昼夢、離れがたい日常や束の間のブレイク。変化への淡い期待など様々です。私、私達の外側と内側にあるカフェをテーマに描きました。
誰かに何かが少しでも届きますように。
優秀賞(岡村先生)
銅版画(アクアチント、エッチング、ドライポイント)
エグチジュンコ
「散歩する作曲家」
散歩しながらたくさんの音つぶを受け取り、新しい曲を紡ぐ人の姿を描きました。
岡村先生コメント

真ん中のオレンジで描かれているのは、ロボットかな?宇宙人かな?と思っていたけど、
題名に「作曲家の散歩」と書いてあるから、作曲家なのだろう。たぶん、

作者のコメントによると、
作曲家は散歩しながら「音つぶ」を受け取り、曲を紡ぐのだ。
音符とか、インベーダーゲームで見たことのある形とか、飛行機とか・・、
いろんな形が描いてあるけど、
これ、全部、「音つぶ」なのかな?
リズムが小気味良く、素敵だ。

オレンジとブルー。色彩は、あたたかく響きあう。
「音つぶ」は降って来るし、天気は良さそうだし、気分は上々だな。
・・なんだか楽しい。
・・自由でラクチンだ。
・・・・・・!
優秀賞(佐藤先生)
雲肌麻紙、岩絵具、水干、膠
久保田理世
「翔ける」
風に背中を押されながら、丘を翔ける様子を描きました。
眺めながらコーヒータイムを楽しんでいただけたら嬉しいです。
佐藤先生コメント

近年は先人の精緻な描写やグラフィカルな画風にばかり注目が集まる日本画表現ですが、
久保田理世さんの「翔ける」は日本画の材料や技術を使いつつもそれらとは一線を画しています。
女性らしい視点と感覚で表現された、何気なくしかし象徴性と普遍性に満ちたシーンは実に魅力的です。
まるで文人画の様な表現の軽やかさは、観る者に人生の本質と喜びを優しく教えてくれる様に思います。
優秀賞(土方先生)
アクリル絵の具、砂、地図のコピー、段ボール、キッチンペーパー、木工用ボンド、綿布
木白 牧(きしろ まき)
「大地のクジラ」
命の力を感じさせる作品制作をしています。

地図とは大地に刻み込まれた人類の営みの記録であり、膨大な生命力が封じ込められています。各区画を細胞、網羅する道を血管に例え、地図に集積された生命力を巨大生物(クジラ)として生まれ変わらせました。私たちは未来へ向かって泳ぎ始めます。
土方先生コメント

なんとも不思議な作品である。最初、新興分譲地の俯瞰図かと思って見ていた。
描法が独自で、画面の凹凸が触覚性を感じさせる。
またよく見ると分譲地のどの区画にも目のようなものが描かれており、これはなんだ?と気になる。
さらに、海に流れ込む赤い筋。とどめは作品を遠目で見ると全体が鯨になっている。
こんな絵見たことない。しかも非常に手が込んでいて効果的だ。
異色の作品として賞に推した。
優秀賞(福田先生)
アクリル絵具、オイルパステル
齋藤 友希
「過去に気づく」
過去の出来事や悲しみなどの気持ちを忘れないこと、また、そういった感情に気付くことを大切にしたいと感じ、その思いを表現しました。
実際に海の近くに打ち捨てられた船を見て、錆付き、雑草の生えた状態から、時間が経ち忘れ去られたもののように感じました。かつては海で活躍していたであろう船から、過去を懐かしむ気持ちや、過去の栄光にすがる、人間が持っている感情のようなものを思い起こしました。また、過去のことを考える時、悲しい気持ちや辛いと感じたことなどを思い出すこともあると思いました。しかし、人間は生きていく上で悲しみなどの難しい感情と向き合うことが必ずあります。古い船を見たことがきっかけで、この時考えたことを絵で表現したいと思いました。
絵の中の魚は人間の代わりとして描きました。一カ所の同じ場所を目指す魚の群れと、唯一打ち捨てられた船に気付いたマンボウです。自分も自分以外の人も、この絵のマンボウのように悲しい、辛いといった感情の存在に気付ける人間でありたい、あってほしいという願いを込めました。
福田先生コメント

この作品は、まだ見たことのない不思議な世界に見る人を引き込んでいく力があります。
それは、この絵に込めた作者の“過去”に対する真摯な気持ちの表れでもあります。
木造の和船の上をパステルで描かれた魚の群れが画面の奥へと導く図像には、静謐な中に、 他に類を見ないユニークさがあって、マンボウの気持ちに寄り添い、 見る人それぞれが、自分だけの世界を拡げていける豊かさに、この作品の魅力を感じました。
優秀賞
アクリル絵の具
川上茉莉
「ごぜんさんじ」
散歩するくまです。
午前3時は良い時間。
社会からの隔絶。
存在だけがすべて。
優秀賞
アクリル絵の具、水彩紙
小百合
「光」
娘が鏡に囲まれた万華鏡の様な部屋で、キラキラと光を追っているところです
娘がこれからも明るい光を追って、光に包まれていてくれますように…という気持ちで描きました
優秀賞
高知麻紙、水干絵具、岩絵具、アルミ箔、砂
古石紫織
「green note」
小さな温室に入ったら、囲われた空に向かって植物たちが自由に枝を伸ばしていた。
外の世界とは違う、不思議な共同体が作られている。
温室いっぱいに緑が広がり、植物の音色が聞こえてきそうだ。
優秀賞
雲肌麻紙、岩絵の具
げんばみさき
「花瓶と海老とマッチ箱」
温かくて、少し埃っぽい。そんなアンティークのような雰囲気を目指しました
優秀賞
和紙・胡粉・岩絵具・水干絵具
前川結佳
「月光」
この作品は星乃珈琲店の存在を私なりに描いたものです。月の光は優しい魔力を秘めていると感じており、安らぎを与えてくれます。また、何を描こうかと悶々としていた時に大切な知り合いの元に新しい命が宿り、生まれました。その子の存在は周りにホッとした温もりを与えてくれています。月と赤ちゃんは似ているなと思い、癒しをくれるのは星乃珈琲店も同じだと私の中ですべてがリンクして完成したのが今回の作品「月光」です。
佳作
キャンバス、アクリル絵の具
HIROMI NORO
「Torre pendente di P」
大好きなパンケーキと見ているものの類似点をちょっとでも見つけるとパンケーキに見えてしまい"何人分になるのかしら"そんなことを考えている幸せの時間を描きました
佳作
岩絵の具、麻紙
髙田裕大
「火を囲む」
火を囲む人たちの様子を描きました。火はずっと見ていられます。
佳作
雲肌麻紙、膠、墨、岩絵具
矢島史織
「Monster #9」
パワー溢れる、子どもの脳の成長と発達から着想を得て描いているシリーズです。
佳作
ミクストメディア
竹中翠
「願い」
帰り道に出会う花々を覗き込むと
星が見えることがあります。
風にそよぐ世界で一番ちいさな天体に、願いを込めて。
今日もあなたに素敵なことが
沢山ありますように。
佳作
麻紙、水干絵具、岩絵具、箔
齋藤 みどり
「ないしょの話(ないしょのはなし)」
子どもたちを見ていると、何気ない日常の中にたくさんのきらめく一瞬があることを思い出させてくれます。あの子とのお話は、今でも大切で、今でもないしょです。
星のこども賞
ケント紙にアルコールマーカー
柳生千裕
「歩く虹」
カメレオンは虹みたい。虹はキレイで素敵です、虹が歩いて来たらもっと素敵です。
星のこども賞
画用紙、クレヨン、水彩絵具
加島健太
「つぼ」
いつも想像して絵を描くことが多いけれど、これは初めて本物を見ながら描きました。把手のところが難しかったです。
星のこども賞
画用紙、水彩絵具、クレヨン、サインペン
田内利來
「つながる街・自然・人」
人と自然と建物・乗物が共存する楽しい街を描きました。ぼくたちの未来も自然がいっぱいあって欲しいと願っています。

概要

星乃珈琲店は、新しい才能を発掘するため、第4回 星乃珈琲店絵画コンテストを実施します。
クリエーターに活躍の場を提供するため、入選作品は作者名と共に全国の星乃珈琲店で巡回展示させていただきます。
蔵造りの店内を飾る、時代に捉われない力強い作品を期待します。

締切

2019年9月15日(日)
※当日19:00時点での着信をもって締切とさせて頂きます。
※郵送、持参は受付を致しません。

・グランプリ(1点)100万円
・準グランプリ(1点)50万円
・優秀賞(9点)20万円
※賞金総額330万円
※入賞者の作品は額枠も含め副賞金による買上とさせていただきます。
但し、作品保護の為、受賞後 額装を変更することがあります。
※賞金は源泉税、復興特別所得税を控除した金額をお支払いいたします。
※受賞者数は、応募状況により増減することがございます。

募集内容

テーマに沿った 本人制作で未発表の平面作品 1点
【テーマ】
星乃珈琲店の蔵造りの店内を飾る絵画
※過去3年以内に制作した作品に限る
※作品は平面のもので画材・素材は自由(写真、コラージュは不可)
※パソコン制作による作品または印刷出力された作品は不可
※公募展などで発表された作品に加筆した作品は不可
※公募展などに出品し、入選しなかった作品は可
※個展、グループ展などで発表された作品は可
※お一人につき、作品一点のみのご応募に限ります

参加方法

「星乃珈琲店絵画コンテスト」に参加するためには、事前に下記登録フォームから登録を行ってください。
必要事項を入力し送信すると、後ほど登録完了を報告するe-mailが登録メールアドレス宛てに返信されます。
この登録完了報告メールに記載された登録番号は作品提出の際に必要となりますので、各人で記録し保存してください。
交付後の、登録番号に関するお問い合わせには応じることができません。
※複数作品の応募はできません。
※応募登録はこのホームページ以外からはできません。
※登録後、内容に変更があった場合は再度登録をし直してください。
※携帯のメールアドレスでは登録完了通知の返信メールを受け取れない場合があります。
※登録完了通知メールが届かない場合は、アドレスに誤りがある可能性があります。再度登録をし直してください。

提出物

<一次審査> データ送付 ■応募登録時に送られた登録完了報告メール宛に、応募作品をJPG形式に変換したものを添付した上でご返信ください。
■応募作品には氏名・所属など個人情報が分かるものは記載しないようにご注意ください。
■応募作品のファイル名を登録番号にしてください。
記入例 ≫ 登録番号:1234 → 1234.jpg
■送付する応募データは3MB以内にしてください。
■返信メールの本文へ、下記情報をご記入ください。
【記入情報】
・氏名
・年齢
・所属(部署、学部含む)

<二次審査>
現物送付
■作品サイズ
100cm × 100cm 以内
■作品保護の為、原則額装(仮額可)をおこなうこと。
※ガラス使用不可(アクリルは可)
■送付先は一次審査通過者にメールにてご連絡いたします。
※入選外の作品は表彰式に展示後、11月中旬頃ご返却いたします。

※作品の受付完了メールは送信しておりません。

応募資格

日本国内で手続き・発送・返却できる方(年齢・国籍不問)

参加費

なし

審査~結果発表

【一次審査】
2019年10月初旬に通過者のみ通知します。
【結果発表】
2019年10月下旬にウェブサイト等を通じて発表します。
※受賞者には事前に通知します。
【表彰式】
2019年11月3日

審査員

(敬称略・50音順)
岡村桂三郎(多摩美術大学 日本画研究室教授)
佐藤俊介(金沢美術工芸大学 日本画教授)
土方明司(美術評論家)
福田美蘭(画家)
大林豁史(株式会社ドトール・日レスホールディングス 代表取締役会長)

著作権の扱い

応募作品の著作権は応募者に帰属するが、選考風景、入賞作品の発表および、カタログ・広告・ホームページ・その他の印刷物としての掲載や出版、展示に関する権利は主催者が保有するものとします。

お問い合わせ

お問い合わせは、お問い合わせフォーム又はメールにて事務局までお送りください。
artcontest@hoshinocoffee.com
※必ず件名に「星乃珈琲店絵画コンテスト」と記載してください。
※お問合せをいただいた場合、原則として3営業日以内にご回答します。3日以内に何らかの回答が無い場合はお手数ですが再度お送りください。
※お問い合わせで取得した個人情報は、お問い合わせへの回答のみに使用し、法令の規定に基づく場合を除き、第三者へ提供いたしません。
※店舗に関するお問い合わせには一切お答えできませんのでご了承下さい。
※第4回以外のお問い合わせには一切お答えできません。
※作品の受付完了メールは送信しておりません。

応募締切は2019/9/15 19:00です。
締切日時以降に応募登録・作品提出した場合、いかなる理由でも作品を受け付けることはできませんのでご注意下さい。
※作品の受付完了メールは送信しておりません。